Akahadayaki

赤膚焼の沿革
ごあいさつ
楽斎
おちゃわん
お知らせ  
春日御土器師
アクセス:地図
奈良絵の由来
水指
香合
菓子器
花の うつわ
香炉
奥田 木白
小堀遠州
(おひなさま)
窯ギャラリー
フォトアルバム
一日陶芸
郡山城下町
金魚の泳ぐ城下町
花瓶
リンク
掲示板コーナー
お問い合わせ
平城京遷都1300年
Akahadayaki
春日御土器師かすがおんどきし
春日大社より「春日御土器師」の称号を与えられる。
重い祭儀に用いる土器は、古代から日本人が最も大切にしてきたもの。そのことは『古事記』や『日本書記』にも見える。
春日大社には古来より“春日赤白土器座”があって、その工匠を“春日御土器師”といって誇りとした。その名と職を認められました。
現在の春日有職 :春日御土器師
神と人が交感する 春日若宮おん祭

花々で荘厳された風流の祭り

おん祭を支える名工の技
受け継がれた日本の祭祀
 

〒639-1132奈良県大和郡山市高田町117 0743-52-3323 
Copyright(c)2007Akahada rakusai All Rights Reserved. 赤膚焼窯元 尾西楽斎