Akahadayaki

赤膚焼の沿革
ごあいさつ
楽斎
おちゃわん
お知らせ  
春日御土器師
アクセス:地図
奈良絵の由来
水指
香合
菓子器
花の うつわ
香炉
奥田 木白
小堀遠州
(おひなさま)
窯ギャラリー
フォトアルバム
一日陶芸
郡山城下町
金魚の泳ぐ城下町
花瓶
リンク
掲示板コーナー
お問い合わせ
平城京遷都1300年
Akahadayaki
おしらせ

月刊大和路 ならら 
2016年1月号
申三番叟香合
 
特集「奈良の伝統工芸の真髄」で、掲載されました。
 
春日大社
☆式年造替
20年に一度の大改修、式年造替で本殿の檜皮を釉薬に使い記念品を作成
 

おとなの奈良、心を澄ます旅   淡交社
☆写真 堀内昭彦 ・文 堀内みさ
平成27年9月
 
 

大和円照寺 山村御流展。
2015年5月10日読売新聞


東京華展にて楽斎作の花瓶(写真いちばん奥)に活けられた、お花を観賞される 高円宮妃久子さま。花と器の映りがとっても良いとのお言葉を賜り、花器の作者をお尋ねになりました。
 
皇室(扶桑社ムック)春日大社 第六十次式年造替★
☆平成26年夏63号
奈良に都が置かれた時代に創建、国家鎮護の社として崇敬された春日大社。
 
春日御土器師 【春日有職の一つ】
春日大社の祭祀において、神饌を盛るために用いられる土器の製作を任せられる。
 
婦人画報
☆2012年2月号
『婦人画報』2012年2月号の「神の匠奈良の手仕事」の欄で奈良人形、奈良漆器、赤膚焼など掲載されました。
 

幸福(しあわせ)の金魚を作成
モニュメント「幸福の金魚」をなでる上田清・大和郡山市長(左)と中野雅史・商工会長=奈良県の大和郡山市商工会館
 
あかい奈良
☆2010年春号
季刊誌「あかい奈良2010年春号」に「春日有職、春日御土器師」について紹介されました。
 
naránto(奈良人)
☆2010年3月
季刊誌「ならんと2010年春号」に奈良絵について紹介されました。
 

奈良学園。陶板作成
2009年6月
「奈良学園」校章
陶板で作成致しました。
 
横 126cm、 たて107cm 
 

両陛下、春日大社に。
2008年10月31日(金)
天皇皇后両陛下の春日大社御参拝の奉迎の砌、使用された臨幸臺(菓子器)を謹製致しました。
 

〒639-1132奈良県大和郡山市高田町117 0743-52-3323 
Copyright(c)2007Akahada rakusai All Rights Reserved. 赤膚焼窯元 尾西楽斎