Akahadayaki

赤膚焼の沿革
ごあいさつ
楽斎
おちゃわん
お知らせ  
春日御土器師
アクセス:地図
奈良絵の由来
水指
香合
菓子器
花の うつわ
香炉
奥田 木白
小堀遠州
(おひなさま)
窯ギャラリー
フォトアルバム
一日陶芸
郡山城下町
金魚の泳ぐ城下町
花瓶
リンク
掲示板コーナー
お問い合わせ
平城京遷都1300年
Akahadayaki
奈良絵
奈良絵の由来
 室町時代の末期頃から江戸時代にかけて作られた、横本形式の絵草紙「奈良絵本」に描かれた絵を奈良絵と呼んでいる。
  構図も単純で明るい彩色の素朴な画風は「過去現在因果経」(釈迦の前世の生涯から現世に生まれて苦行を経て覚りをひらき、その後多くの人々を得度させたことを説いている。)にみられ、大和絵の伝統を引くものである。
 赤膚焼の名工、奥田木白(江戸末期の陶工、赤膚焼の中興の祖)によって、赤膚の温雅な上釉に巧みな筆觸でかかれた奈良絵は、奈良の豊かな気分を充分にただよわせた、掬めども盡きぬ、雅趣の漾うものであります。 
尾西 楽斎


 

〒639-1132奈良県大和郡山市高田町117 0743-52-3323 
Copyright(c)2007Akahada rakusai All Rights Reserved. 赤膚焼窯元 尾西楽斎