Akahadayaki

赤膚焼の沿革
ごあいさつ
楽斎
おちゃわん
お知らせ  
春日御土器師
アクセス:地図
奈良絵の由来
水指
香合
菓子器
花の うつわ
香炉
奥田 木白
小堀遠州
(おひなさま)
窯ギャラリー
フォトアルバム
一日陶芸
郡山城下町
金魚の泳ぐ城下町
花瓶
リンク
掲示板コーナー
お問い合わせ
平城京遷都1300年
Akahadayaki
〜赤膚焼 花の うつわ〜
    四季おりおりの、野に山に、花開く時。野にある花は、野に咲く花らしく、山に咲く花は、山の花らしく、
根来塗赤膚花入

尊花入

法隆寺宝瓶
飛鳥時代から白鳳時代にかけての作といわれ、法隆寺に安置せられる、国宝観音菩薩立像(百済観音)の左手の持ち物の水瓶で「宝瓶」といわれているものを模範としました。

瓢花入

円照寺古瓦紋花入


一輪生
もどる

〒639-1132奈良県大和郡山市高田町117 0743-52-3323 
Copyright(c)2007Akahada rakusai All Rights Reserved. 赤膚焼窯元 尾西楽斎