Akahadayaki

赤膚焼の沿革
ごあいさつ
楽斎
おちゃわん
お知らせ  
春日御土器師
アクセス:地図
奈良絵の由来
水指
香合
菓子器
花の うつわ
香炉
奥田 木白
小堀遠州
(おひなさま)
窯ギャラリー
フォトアルバム
一日陶芸
郡山城下町
金魚の泳ぐ城下町
花瓶
リンク
掲示板コーナー
お問い合わせ
平城京遷都1300年
Akahadayaki
富本憲吉 書
やきものは 我が意のままに ならずして 天地風水 火の恵みなり。
 これは祖父たる 五代楽斎が、やきものを語るとき、好んで口にした和歌です。  
 やきものは、天地自然の土がおりなすもので、土を見て窯を知り ひいては作者を知ると言われます。  土が慈しんだ草根木皮、岩石、土をもって釉となし、先人が考え伝えた独特の窯で、その地の薪で焼成され今日に至っています。 しかしその一方、流通の簡素化、陶芸機材の改良、開発がめざましく、作者と作風を前向きにした作品が先行する風潮の今日ですが、私は、あくまでも赤膚焼に執着しつづけ精進するのが、私の道と信じています。  
                 香柏窯七代 尾西 楽斎

 
昭和33年 奈良県大和郡山市に生まれる
昭和56年 甲南大学卒業
        祖父五代楽斎に師事
平成10年 初個展開催 近鉄百貨店奈良店
平成13年 赤膚楽斎三代展開催 新宿京王・京都大丸・阿倍野近鉄本店
平成17年 七代 楽斎襲名
平成16年 襲名披露展開催 新宿京王・近鉄奈良
平成17年 七代楽斎展開催 名鉄・新宿京王
平成18年 七代楽斎展開催 横浜高島屋・福岡岩田屋
       奈良国立博物館「大和の匠展」出品
        春日大社より『春日御土器師』の称号を拝命
平成19年 七代楽斎展開催 名鉄・奈良近鉄
平成20年 七代楽斎展開催 新宿京王
       両陛下菓子器謹製
  
現在   春日御土器師
    赤膚焼香柏窯窯元 
  
東大寺三月堂・月光菩薩置物

〒639-1132奈良県大和郡山市高田町117 0743-52-3323 
Copyright(c)2007Akahada rakusai All Rights Reserved. 赤膚焼窯元 尾西楽斎